マイカースポンサーで広告収入をゲット!

車のリア

公共交通機関の整備が進み、もはや車は必要ない時代になりつつある昨今、まだまだ日本人の生活には無くてはならないのがマイカーですよね。

 

そのマイカーを持つだけでも維持費や車検などの整備費が結構かかります。

 

そんな人に注目されているのががマイカースポンサー。

 

マイカースポンサーは車に広告を貼るだけで広告収入がゲットできるシステムだけど、いくらもらえるのか気になります。

 

日本初といわれるマイカースポンサーのシステムプランと報酬額をご紹介します。

 

とりあえず登録して応募してみましょう。

 

もちろん登録は無料!


マイカースポンサーはプランによって報酬が違う

マイカースポンサーは二つのプランがあって報酬も違ってきます。

 

そのプランとは次のようなものになっています。どちらか一方を選択する必要があります。

 

 

選べる先着応募プラン

スポンサーの数が多く採用されれば確実に報酬をゲットできるメリットがあります。

 

報酬額は安くて500円、高いと5000円にもなるため運がよければ採用される可能性があります。

 

ただし、先着順であるため、マメにマイカースポンサーのHPを確認しないとすぐに他の人に持っていかれます。

 

応募に遅れなければ確実に報酬が得られる代わりに広告ステッカーは2枚までとなっているので出来るだけ高額なスポンサー料を狙う必要があります。

 

 

 

お得な抽選応募型プラン

応募期間内にいくつでも応募できますが、申請期間が設定されているので注意しないと見逃がす可能性があります。

 

またスポンサー料は1万円と高額な代わりに抽選となっているため、せっかくステッカー広告を貼っても報酬は0円ということになる可能性もあります。

 

しかもスポンサーが4種類と選択肢も少ないため手堅く報酬を得ようと思ったら「.選べる先着応募プラン」で探した方が懸命です。

 

 

二つのプランを混合して参加することは出来ないので注意が必要です。

 

ちなみに12/21に私が選ぼうと確認してみたら、1つだけ」残して全て応募が終了しているか、品切れの状態でした。

 

残った一つもスポンサー料は500円だったので、次の高額スポンサー料のチャンスを狙って待つことにしました。(´;ω;`)ウッ…

 

.この状況を何とかならないかとマイカースポンサーのサポートに問い合わせてみたところ、まだ始まったばかりのサービスなのでステッカーの数が少ない、知名度が高まれば増えていくようなことと返事が来ました。

 

新規のステッカーの告知は、Twitter上でお知らせするそうなのでフォローしておくと良いでしょう。

 

 

 

マイカースポンサーはリアガラスに広告シールを貼るだけ!

マイカースポンサー

マイカースポンサーで報酬がゲットできることが注目されているのは、そのシンプルなシステムにあります。

 

これまでも車に広告を貼って報酬を得るシステムはありましたが、車に広告を貼り付けることに抵抗があったみたいであまり普及しませんでした。

 

確かに自分の愛車に企業の広告が貼られていると「カッコ悪い」といったイメージがありますよね。

 

しかし今回ご紹介するマイカースポンサーのシステムは愛車のリアガラスの隅っこにペタンと貼るだけ!

 

リアガラスだったら殆どの車は何かしらシールが貼られているので違和感はありません!

 

広告ステッカーの大きさも小さいものなら100×100mm、大きなものでもA4サイズです。

 

貼った後にスマホで撮影して送信するだけで権利が発生するようになるんですよ♪

 

後は指定の口座に振り込み依頼をすれば翌月には振り込まれる仕組みになっています。


マイカースポンサーは自分で広告が選べる

マイカースポンサーのシステムで画期的なところは広告を自分で選べるということ。

 

広告を自分の車に貼ると言う事は、その企業を応援しているということ。

 

当たり前ですが、自分の嫌いな企業は応援したくないですよね。

 

マイカースポンサーなら応援したい企業の広告を自分で選べるので応援しながら報酬がもらえるので一石二鳥です♪

 

たとえば企業の株を持っていれば少しでも上昇するように応援する意味でそのシールを選ぶことも良いし、何となく興味があるというだけでもOK

 

広告を貼って通勤、通学、ドライブするだけで広告報酬が入るなんて夢みたいですよね♪

 


マイカースポンサーの参加条件

マイカースポンサーでは規定が定められており、条件によっては参加できない場合もあります。

 

ご自分と照らし合わせてみてください。

 

年齢制限がある
車の運転免許は18歳からなので、17歳未満の人は参加できません。また安全上の観点から70歳以上の人も参加できません。

 

自分名義の車でないと参加できない
車は自分の名義というのが条件です。レンタルやリースのような業者名義の車では参加できません。ただし、法人の車の場合は「法人プラン」というのがあるので登録すれば参加できます。

 

車の走行距離によっては参加できない
スポンサーによっては走行距離の規定があり、月間である程度の距離を走っていないと参加できない場合があります。

まとめ

車のリアガラスに広告を貼ることに抵抗があるかもしれませんが、ステッカー感覚ならさほど気にする必要も無いかと・・・

 

登録時に免許証、車検証、車とナンバーの画像を送信する手間がかかりますが、費用もかからない上に特に何をするということも無く通勤やドライブで報酬が得られるんですから利用しない手は無いですよね。

 

上手く行けば車検や税金、ガソリン代までスポンサー料で賄えるかもしれませんよ♪

更新履歴